FAQ

よくあるご質問

Deguの仕様の詳細について知りたいのですが

Deguの技術情報など、詳細は以下からご覧ください。

Resources

Deguをはじめるには、何を用意すればいいですか?

Deguをはじめるには、

  • Deguベースユニット
  • Groveモジュール
  • Deguゲートウェイ
  • 開発用PC
  • AWS, Microsoft AzureなどのIoTプラットフォームのアカウント

などが必要です。詳しくはGet Startedのページをご覧ください。

GroveモジュールはSeeed製品の取扱い店で個別に販売されていますが、「まずは試してみたい」という方には「Groveスターターキット for Degu」(照度センサー/3軸加速度センサー/気圧センサー/端子台/リレー/ブザーの6種類のGroveセンサーを同梱)をおすすめします。Groveスターターキットに含まれる各モジュールはDeguセンサーで動作確認済みで、対応のMicroPythonのサンプルコードはGitHubで公開されています。
DeguベースユニットやGroveスターターキットは、各販売店窓口でご購入いただけます。また、各販売店が独自に取りまとめたパッケージを販売している場合もあります。詳細は販売窓口一覧の各窓口へお問い合わせください。

Deguをはじめるにはどんな知識が必要ですか?

「とりあえず使ってみたい」という場合には、Deguユーザーマニュアルの手順に沿って設定すれば、試すことは可能です。クラウドとの連携が必要なので、シリアルコンソールで設定する程度のコンピュータリテラシーは必要です。また、Deguセンサーの設定はMicroPythonで行うので、Python言語の知識がある程度あったほうがより自由な設定をすることができるでしょう(もちろんサンプルコードをそのまま利用することもできます)。
なお、Deguはクラウド上のデータハブにデータをアップロードするまでがカバー範囲です。AWS, Microsoft AzureなどIoTプラットフォーム上でそれらのデータをどう処理・利用するかを設計・開発するための知識は、ユーザーご自身で得ていただく必要があります。

MicroPythonは何で学べばよいですか?

MicroPythonは、マイコンや組み込みシステムのようにメモリ容量などに制約がある環境でも実行できるように最適化されたPython3系のプログラミング言語で、多くのArmボードに対応しています。Python標準ライブラリの小さなサブセットを含み、標準のPython言語と可能な限り互換性が保たれていることが特徴で、MITライセンスで提供されています。
MicroPythonの詳細なドキュメントは、以下のサイトで公開されています。

詳細ページ

Groveモジュールは何でも取り付け可能ですか? サンプルコードはどこから入手できますか?

Deguの仕様としては、3.3V対応のGroveモジュールは原則利用できる仕組みとなっています。
GroveセンサーをDeguで利用するためのMicroPythonのサンプルコードは、GitHubで公開しています。

Get the Code

開発環境は何を使えばよいですか?

開発用PCには、シリアルターミナルソフトウェア(「minicom」「Tera Term Pro」など)とテキストエディタをインストールしておいてください。詳しい技術情報は、マニュアルに掲載されています。GitHubに掲載されたDeguユーザーマニュアルをご覧ください。

Deguユーザーマニュアル

AWSの設定方法を教えてください

AWSアカウントの設定方法などは、こちらをご覧ください。
AWS(AWS IoT Core)にDeguゲートウェイを連携させる設定を行っておくことで、DeguゲートウェイはスマートフォンやPCなどから簡単にAWSに登録追加していくことができます。詳しい手順は、Deguユーザーマニュアルをご覧ください。

Deguユーザーマニュアル

AWS以外のIoTプラットフォームを使いたいのですが

Deguはその仕組み上、各プラットフォームとの連携が可能です。対応状況については、Degu関連のサイトで随時公開する予定です。

Deguの開発でわからないところがあります。どこで質問できますか?

Deguについてわからないところがあったとき、まずはDeguユーザーマニュアルを確認してみてください。
マニュアルを見ても解決方法がわからない場合は、コミュニティで質問することもできます。

Community

Deguセンサーを量産したいときは、どうしたらよいですか?

Deguベースユニットで開発した内容に応じてSeeed社が基板を再設計し製造までを請け負う「Degu量産設計サービス」を実施しています。Deguベースユニットで開発した内容をそのままに、小型の筐体(約30×50mm)に収まるように依頼することも可能です。
ご発注はコアスタッフ社の窓口で承ります。詳しくは受付窓口までご相談ください。

詳細ページ
お問い合わせ

自社のセンサー素子を使って、Deguの規格に対応したIoTセンサーを開発したい。Deguサイトで紹介してもらうことはできますか?

Degu対応のセンサーが揃い次第、DeguコンパチブルのセンサーをDeguサイトで紹介してく予定です。※1
詳細は以下のWebフォームからご相談ください。

※1 認証制度ではありません。接続性の確認は各提供社様の責任において実施してください。

お問い合わせ