Get Started

Deguをはじめよう

必要なものを揃えよう

Degu仕様のIoTシステム開発をはじめるには、以下のものを購入いただく必要があります。

Deguベースユニット

Thread通信対応のマイコンボードを搭載したベースユニットです。単3電池×3本で動作します。

Groveモジュール

Seeed社が展開する200種類超のラインアップの中から、用途に応じたセンサーモジュールを選択してDeguベースユニットに搭載します。GroveセンサーはSeeed製品販売店が取り扱うものの中から自由に選択できます。
はじめて試す方には、MicroPythonのサンプルコードも揃っている「Groveスターターキット for Degu」(気圧センサーや三軸加速度センサーなどを約6種類のモジュールを含む)のご利用をおすすめします。

Deguゲートウェイ(開発セット)

Deguセンサーのデータをインターネットに中継する、Degu専用のゲートウェイです。Threadボーダールーターの役割を持ち、センサーネットワーク上の各ノード(Deguセンサー)と外部ネットワークを接続することができます。
Deguゲートウェイの初回設定にはシリアル変換ケーブルなどが必要になります。必要なもの一式が同梱された「開発セット」のご購入をおすすめします。

Degu製品はどこで買えるの?

Deguベースユニット、Groveモジュール、Deguゲートウェイは、Degu製品を取り扱う各販売店窓口でご購入いただけます。
詳細は販売窓口一覧をご覧ください。

「Degu IoTトータルパック」がおすすめ!

Deguの評価に必要な一式がセットになっている「Degu IoTトータルパック」の購入をおすすめします。センサーの設定からクラウドへのデータ送信まで、トータルに評価することができます。

開発用PCとアカウントを準備しよう

Deguの設定などを行う開発用PCと、IoTプラットフォーム(AWS, Microsoft Azureなど)のアカウントを準備します。
USB接続が可能なPCを用意してください(USB-シリアル変換ケーブルでDeguゲートウェイと接続します)。

インターネット接続環境を用意する

開発用PC、およびDeguゲートウェイをインターネット接続できる環境を用意してください。

IoTプラットフォーム(AWS, Microsoft Azureなど)のアカウントを用意する

Deguを利用するには、IoTプラットフォーム(AWS, Microsoft Azureなど)のコンソールにログインできる状態が前提となります。
各IoTプラットフォームのアカウント登録方法は以下をご覧ください。

AWS

簡単3ステップでDeguをはじめよう

Deguはたった3ステップで簡単にはじめることができます。設定手順の詳細は、「Deguユーザーマニュアル」をご覧ください。

Deguユーザーマニュアル
STEP 1
センサーを選んでMicroPythonコードを書き込み

用途に応じてGroveモジュールを選んで接続、MicroPythonのサンプルコードをダウンロードしてベースユニットに書き込みます。

STEP 2
Deguゲートウェイをクラウドと連携

Deguゲートウェイのネットワーク設定を行い、データハブと連携させます。

STEP 3
DeguゲートウェイとDeguセンサーをペアリング

Deguセンサー(子機)をDeguゲートウェイ(親機)にペアリングします。

STEP 1:センサーを選んでMicroPythonコードを書き込み

Groveモジュールの中から用途にあったものを選択・購入し、Deguベースユニットに接続します。
MicroPythonのサンプルコードはGitHubのDeguプロジェクトで公開されています。

Get the Code

STEP 2:Deguゲートウェイをクラウドと連携

Deguゲートウェイの初期設定を行います(初回設定のみ)。
開発用PCとDeguゲートウェイを接続してDeguゲートウェイのネットワーク設定を行います。
IoTプラットフォーム(AWS, Microsoft Azureなど)のコンソールにログインし、Deguゲートウェイをデータハブと連携させます。

STEP 3:DeguゲートウェイとDeguセンサーをペアリング

Deguゲートウェイに無線LANアクセスポイントの設定を行い、Deguベースユニット(子機)をDeguゲートウェイ(親機)にペアリングします。
各子機のペアリングは、Deguベースユニットに貼付されているQRコードをスマートフォンで読み込んで簡単に設定できます。

すべての設定が完了したら、Deguセンサーを再起動するだけで、センシングデータをデータハブにアップロードする仕組みの出来上がりです!

質問はGitHubのユーザーコミュニティで!

Deguに関する技術的な質問は、GitHub上に開設されているユーザーコミュニティから投稿することができます。

Community